大修復 浄財勧募



平成の大修復 第2期

「西福寺文化財事業奉賛会」記載

第2期修復工事に向け、市民有志による「西福寺文化財事業奉賛会」が発足いたしました。
傷みが激しい『御影堂(みえいどう)』を中心に修復するため浄財勧募をお願いしております。

歴史的文化的に重要な御影堂を後世に伝えるため、皆さまのご賛同を頂き
ご寄進賜りますようお願い申し上げます。


浄財勧募について

これまでの流れ

 【第1期工事】2001年~2006年

   ・修復対象=阿弥陀堂(あみだどう)
    四修(ししゅう)廊下
    書院と書院庭園
   ・事業着手=2001年7月
   ・修復完了=2006年
   ・工事費=約3億9700万円


 【第2期工事】未定

   ・修復対象=御影堂(みえいどう)
   ・工事着手=未定
      ※現在、御影堂に設置されている足場は工事用ではなく、
       沈み続ける屋根を支えています。
   ・工事費=数十億円(見込み)
   ・浄財目標=2億円(奉賛会立案)


      ※工事費は専門家による未調査のため、修復関係者(寺院外部者)の目視による推測です





御影堂(みえいどう)の現状

 

方針イメージ

御影堂は、文化8年(1811)3月に再建落成されました。

 

2008年、国の重要文化財に指定されました。

 

劣化が激しく屋根が少しずつ沈んできているため、2006年に足場を組んで「屋根」を支えており一刻も早い修復が望まれます。

工事費が1年毎に膨れあがることは避けられない状況です。

 

 

 

 

 

 

 

修復資金

修復資金として、国・県・市の補助金とあわせ、寄付金などの浄財を勧募しております。




お問い合わせ

〒914-0824
  福井県敦賀市原13-7
  西福寺文化財事業奉賛会事務所
  TEL 0770-36-4168