今月の言葉

大原山西福寺 第51世 二橋 信玄より

【令和4年8月】

   

 縁無き衆生は度し難し

 

 

 ここでいう「縁」とは仏との縁であり、「衆生」とは人々のことで、「度」とは、お浄土に渡るの意味で、救われるということです。

 如何に慈悲を説く佛であっても、佛の教えを信じないものは救えないし、救いようがない、という意味です。

 また、いくら教えても聞く耳をもたない者も救えない。素直に、お念佛を称えられない人、佛の前でも合掌もせず、拝むことの出来ない人。お佛壇の花が枯れていたり、埃まみれでも知らん顔の人。我が家の先祖、亡き父母の供養を怠る者も、縁無き衆生になるかもしれませんね。

 家庭の平穏、健康長寿、皆の幸せを願うなら、「孝は百行の本なり」です。親孝行怠るな。佛や先祖に報恩の念佛供養を致すべしと教えられています。

「念佛は万行に優れたり」佛の縁に出会い、お念佛称える事が大事です。

 夢々、縁無き衆生になってはならないのです。

2022年8月1日 

二橋 信玄 (大原山西福寺 第51世)

 

 
 

 

 

 

 


バックナンバー

 

【令和4年7月】

  坂三里 つらさが楽し 里帰り

  青葉の彼方 桃の咲く家




【令和4年6月】

 世間の喜びと出世間の喜び




【令和4年5月】

  浄土で咲く蓮の華




【令和4年4月】

  カラとモチ




【令和4年3月】
 情は人のためならず




【令和4年2月】

 塵も積もれば山となる




【令和4年1月】

  平安を祈る『祝聖文』



【令和3年11月】
  蒔かぬ種は生えぬ


 

【令和3年10月】

  今こそ一丸となって、お念仏の声を響かせる時

 

  

【令和3年5月】
  大悲傳普化 眞成報佛恩