今月の言葉 (毎月 1日更新)

 

法然上人 一刀十念御自作座像(西福寺御影堂御本尊)

【令和6年2月】

   

共に泣き 共に悲しみ 共に生きる」



 私共は、この世に量り知ることのできない、尊い生命の恵みを頂戴し、人として生まれさせていただいております。ところがこの娑婆世界は、諸行無常の世界でいろんなことがあります。会いたくない縁にも出会わねばならないのも人の世の定めです。


 この世に人として生命を頂いた私たちは、三つの坂を乗り越えていかねばならないといいます。一つは「登り坂」、そして「下りの坂」です。山を登る時は「ああシンドイ」。しかし峠を越えたら後は楽な下り坂です。ところが、今を盛りに生きておって下されば、後は下り坂ですが、この上り下りの坂は、あまりよい意味にとって下さいません。もう一つの坂は「まさか」の坂です。私たちは「まさか」の縁に、何時出会うかわかりません。私には関係がないと思っていますが、天災地変は何時やってくるかわかりません。


 滅多なことはないと思ってしまっています。みんな他人事のように思っている、これが現実です。


 令和6年お正月早々、能登半島でとんでもない大地震が発生しました。230人を超える方々が犠牲になり、今だ行方不明の方が沢山おられます。大事な家族を失い家を失い、生きる事さえままならない多くの方々が苦しんでおられます。悲しい現実です。


 お亡くなりになられた多くの方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申しあげます。また被災されました皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。


 一刻も早い災害復旧復興と、皆様の心身の安寧と平穏な日々を取り戻されますよう、ご祈念申し上げます。


 阪神淡路の大震災の折り、ある方が申されたんですが、「金の有る人は金を出せ。力の有る人は力を出せ。知恵のある人は知恵を出せ。金も力も知恵も無い人は元気出せ。」と乱暴な言い方ですが、その通りなんです。

 
 今生かされている私どもは、自分なら今何が出来るだろうか考えて、皆が出来うる限りの事はさせていただいて、寄り添ってあげたいですね。


 「共に泣き 共に悲しみ 共に生きる」の心が佛の大慈悲です。

 

 

 

2024年2月1日 

二橋 信玄 (大原山西福寺 第51世)

 

 

 

 

 

 

 

   


■ バックナンバー

2021年(令和3年)10月より、毎月1日に掲載しています。

【令和6年1月】

「 浄土の旅の一里塚」

 

 

【令和5年12月】

「 難儀もおかげ」

 

 

【令和5年11 月】

「 出あい難い佛の縁」

 

 

【令和5年10月】

「 随順佛教」

 

 

【令和5年9月】

「 振り向けば、おかげを受けし人ばかり」

 

【令和5年8月】

「 お盆は親孝行の日」

 

【令和5年7月】

「人中の芬陀利華 (ふんだりけ) 」

 

 

【令和5年6月】

「不求自得のご利益」

 

 

【令和5年5月】

「四馬のたとえ」

 

 

【令和5年4月】

「咲いた花見て 喜ぶなら 咲かせた根元の恩を知れ」

 

 

【令和5年3月】

「微笑は 微笑をうむ 春の風」

 

 

【令和5年2月】

「福は内、福は内、鬼も内」

 

 

【令和5年1月】

「あやまりを正す月とや初参り」

 

 

【令和4年12月】】

「罪は十悪五逆の者も、生ると信じて、  小罪をも、犯さじと思うべし 」



【令和4年11月】

 「素直な自分となって」



【令和4年10月】

 おねだり信仰とおかげさま

 

 

【令和4年9月】

 心配ご無用

 

 

 

【令和4年8月】

 縁無き衆生は度し難し

 


 

【令和4年7月】

  坂三里 つらさが楽し 里帰り

  青葉の彼方 桃の咲く家




【令和4年6月】

 世間の喜びと出世間の喜び




【令和4年5月】

  浄土で咲く蓮の華




【令和4年4月】

  カラとモチ




【令和4年3月】
 情は人のためならず




【令和4年2月】

 塵も積もれば山となる




【令和4年1月】

  平安を祈る『祝聖文』



【令和3年11月】
  蒔かぬ種は生えぬ


 

【令和3年10月】

  今こそ一丸となって、お念仏の声を響かせる時

 

  

【令和3年5月】
  大悲傳普化 眞成報佛恩